矢口智恵美(やぐちちえみ)顔画像、山形の眼科医 矢口眼科クリニック院長殺人事件。死因や学歴、人柄などの情報まとめ

山形県東根市のマンションで眼科医の矢口智恵美さん(50)が倒れているのが発見され、死亡していた事件で警察は殺人事件として捜査本部を立ち上げました。

事件発生の現場や死因、矢口さんの学歴や人柄などの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク


矢口智恵美、死因は頭蓋内損傷

5月19日午後5時50分ごろ、山形県東根市さくらんぼ駅前3にある自宅マンションで医師、矢口智恵美さんが殺害された事件で、矢口さんの死因は頭を強打されたことによる頭蓋内損傷と発表されました。

矢口さんの部屋に血の付いたゴルフパターが残されていたことがわかり、矢口さんが何者かに頭を強く殴られ殺害されたとみられています。

警察では、このゴルフパターが凶器の可能性があるとみて詳しく調べ、マンション周辺で遺留品の捜索を続けています。

スポンサーリンク


矢口智恵美、病院名や人柄は?

殺害された矢口さんは、自宅から約5キロ離れたクリニック「矢口眼科クリニック」(山形県村山市楯岡新町4-5-16)で眼科医の院長として勤務していました。

患者さんのコメントが紹介されていました。

「はきはきとしてすごくいい先生だった」

「患者さんもすごく多かった。評判悪いなんか聞いたことない」

5月18日土曜日は、通常に診察を行っていたという。その後、午後5時半頃、診療を終えた矢口さんはスタッフの歓迎会のため山形市内のホテルへ行きました。

歓迎会が終了したのが午後10時前で、矢口さんは女性スタッフの車で帰宅したことがわかっています。

その後、矢口さんは午後10時半頃、

「自分の携帯電話を紛失した」

とクリニックの事務長に連絡し、これを最後に矢口さんと連絡が取れなくなったことが判明しています。

警察は、訪ねてきた弟が遺体を発見した翌日19日の午後6時ごろまでの、およそ20時間の間に殺害されたとみて捜査を続けています。

スポンサーリンク


矢口智恵美のプロフィール

●名前/矢口智恵美(やぐちちえみ)
●年齢/50歳
●住所/山形県東根市さくらんぼ駅前3
●職業/眼科医
●勤務/矢口眼科クリニック院長

矢口さんの顔画像は、現段階でテレビニュースなどでは公開されていません。また、facebookなどの情報を集めていますが、本人のアカウントの特定には至っていません。

矢口さんの出身大学ですが、「日本医科大学」ということが分かりました。1995年卒業のようです。

矢口さんが、どうして殺害されたのか、犯人は誰なのか、まだ分からないことが多い事件ですが、凶器と思われるゴルフパターなどが現場に残されていることから、犯人は衝動的に犯行に及び、現場を立ち去ったと思われます。犯人逮捕には、時間はかからないかもしれませんね。

矢口さんのご冥福をお祈りし、犯人が一日も早く逮捕されることを願います。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする