奥浪鏡(おくなみ・きょう)顔画像の現在、元オリックス選手が高齢者を狙った詐欺で逮捕。手口や前科などの情報まとめ

警察官を名乗り高齢者からキャッシュカードと現金をだまし取ったなどとして、詐欺と窃盗の疑いでプロ野球オリックスの元選手で無職、奥浪鏡容疑者(23)が逮捕されました。

奥浪容疑者の犯行手口や前科などの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク


奥浪鏡容疑者、犯行手口は?

「キャッシュカードが犯罪に関連している」

奥浪容疑者は、昨年7月10日、兵庫県尼崎市の男性(80)方に警察官を名乗り電話をかけ、男性からキャッシュカード2枚をだまし取り、尼崎市内や大阪市内のATMで8回にわたり、現金約200万円を引き出した疑いが持たれています。

警察によると、奥浪容疑者は詐欺グループの指示役だった可能性があるとみられ、共犯者や余罪を調べています。

スポンサーリンク


奥浪容疑者、逮捕の経緯は?

「カードはだまし取っていない」

奥浪容疑者は、容疑を否認しているという。

捜査関係者によると、同じ事件の実行犯とみられる人物が
「詐欺の仕事は奥浪から紹介された」
と供述したことなどから、奥波容疑者が浮上しました。

事件関係者から奥浪容疑者の口座に、報酬とみられる金銭の振り込みもあったという。

スポンサーリンク


奥浪容疑者、過去に逮捕歴

奥浪容疑者は、過去にも2度の逮捕歴があります。

2017年5月には、スピード違反で30日間の運転免許停止処分を受けていたにもかかわらず、球団に報告せず、その直後に乗用車を運転してバイクと接触する人身事故を起こし、球団から無期限謹慎処分を受け、その年の8月に契約を解除となりました。

その後、起訴され、懲役8ヶ月・執行猶予3年の有罪判決が下されました。

さらに、今年3月には、昨年12月に当時高校生だった少女に現金4万円を渡す約束をして、みだらな行為をした児童買春・児童ポルノ禁止法違反(買春)の疑いで逮捕されています。

スポンサーリンク


奥浪容疑者のプロフィール

●名前/奥浪鏡(おくなみ・きょう)
●年齢/23歳
●住所/広島県呉市広本町
●職業/無職
●容疑/詐欺、窃盗

奥浪容疑者は、2014年に岡山・創志学園高からドラフト6位でオリックスに入団しました。高校時代は、通算71発を放ったスラッガーで「岡山の李大浩」と呼ばれていました。入団した年のフレッシュオールスターでは優秀選手に選ばれ、翌15年にはウエスタン・リーグでチーム最多の8本塁打50打点をマークするなど将来の主砲候補として期待されていました。

人身事故をきっかけに、オリックスを退団して以降は、2018年2月から関メディベースボール学院の運営する学院と同名のクラブチームへ参加し、4月から同学院の野球選手科へ入学しました。

プロ野球復帰を目標とした野球選手としての再起を社会人野球で図っていましたが、次第に練習を休みがちになり、同年6月に退団・退学していました。

一度は、プロ野球選手という夢を叶えた野球少年が、自らその舞台から離れてしまうような罪を犯し、次から次に犯罪を繰り返すという残念なことになっています。

まだ、23歳と若いので新たな夢に向かってリ・スタートして欲しいですね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする