福岡市 板付事件、男女3人が流血 自殺か無理心中か。市営住宅の火災現場から見つかった男女は意識不明。被害者の名前や顔画像、事件現場、母 兄 妹かなどの情報まとめ

5月31日午後、福岡市博多区の路上で血を流している女性が見つかり、その後、近くの集合住宅の一室から血を流した意識不明の男女が見つかりました。

スポンサーリンク


被害者の名前は?

血を流している男女3人が見つかりました。

警察によると、5月31日午後5時すぎ、福岡市博多区板付4丁目の路上で、40代とみられる女性1人が倒れているのが見つかりました。

「家族に殴られた」

女性は話していて、その後、現場近くの市営住宅にある女性の自宅を確認したところ、部屋のなかで別の成人の男女2人が血を流して倒れているのが見つかりました。

警官がこの市営住宅に向かったところ、部屋から黒煙が出ていたという。部屋の中で見つかった2人は意識不明の重体だということで、警察がいきさつを調べています。このうち男性の死亡が確認されました。

現段階で、テレビニュースなどでは被害者の名前や顔画像などは公開されていません。

スポンサーリンク


男女3人は親子か?

「兄が刺した」

路上で発見された女性は、警察官にそう話したという。

死亡した男性は40代とみられ、腹部から大量に出血

室内にいた女性は70代ぐらいで男性の母親とみられ、頭を金づちのようなもので殴られ、意識不明の重体。

路上で倒れていた女性は40代ぐらいで男性の妹とみられ、胸を刃物で刺されていました。

スポンサーリンク


息子の引きこもりが原因か?

室内にいた70代とみられる女性は意識を失う前に

「息子が引きこもりで、仕事をせえ、という話から親子げんかになった」

との趣旨の話を警察官にしたという。

警察は死亡した男性が母と妹を襲った後、自殺した可能性もあるとみて、殺人未遂容疑で調べています。

スポンサーリンク


事件現場は?

血を流した40代とみられる女性は、福岡市博多区板付4丁目の路上で発見されました。

ニュース映像に映る炭火焼七輪の看板から現場を特定することができます。

市営住宅の隣の棟に住むパート女性(71)は、搬送された高齢の女性とは5月にも団地の掃除で会ったといい、驚いた様子でインタビューで語っています。

「ごく普通の方だった。顔見知りだし、ショックです。家庭で悩んでいる雰囲気はなかった」

今後の捜査の進展によって、事件の全容がわかるでしょう。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする