入江慎也(カラテカ) 副業 闇営業、反社会的勢力 忘年会に雨上がり宮迫博之ら仲介で吉本興業契約解消。フライデーや理由、キンコン西野ブログなどの情報まとめ

華やかな芸能界、中でも芸人はテレビ番組のみならず、いわゆる営業でも引っ張りだこの人気です。

5000人の人脈、イリエコネクションで起業して活躍しているお笑いコンビ・カラテカの入江慎也(42)が、反社会的勢力のパーティーに会社を通さず芸人を出席させる「闇営業」をしたとして、6月4日付で所属の吉本興業から契約を解消されていたことが6日わかりました。

きっかけとなったフライデーや契約解消の理由、ギャラなどの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク


カラテカ 入江、闇営業とは?

吉本興業は6月6日、お笑いコンビ「カラテカ」入江慎也(42)との契約を解消したと明らかにしました。

2015年に男女計40人が逮捕された振り込め詐欺グループが14年末に催した忘年会に入江を始め、雨上がり決死隊の宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号の田村亮、レイザーラモンHG、ガリットチュウの福島善成らが出席。芸人らの出席を仲介したのが入江だったという。

「闇営業は社の規律に違反し、巻き込まれた芸人のイメージを著しく低下させた」

吉本興業は今回の入江の行動をそう判断して、話し合いの上で契約解消に至りました。

契約解消の手順としては、妥当と言えるでしょうね。

スポンサーリンク


雨上がり宮迫らの処分は?

「(反社会的勢力とは)知らなかった」

吉本興業の聞き取りに入江はそう答えたという。本当に反社会的勢力とは知らなかったんでしょうか。

にわかには信じがたいのですが、メディアの取材でも反社会的勢力の忘年会とは知らず、知り合いの結婚式を兼ねたパーティーだと聞かされていて、自身はその知り合い・グループが特殊詐欺を行っていたことは知らなかったと話しています。

カラテカ入江は、契約解消となりましたが、雨上がり決死隊の宮迫ら4人は、忘年会への出席は認めているものの、入江に出席を頼まれた立場で詳細を知らされておらず、今回は厳重注意処分となりました。

スポンサーリンク


吉本興業、厳しい判断の理由

入江は、相手のグループが反社会的勢力とは知らなかったと吉本興業に対して弁明したというが、それでも吉本興業は、契約解消という厳しい処分を科しました。

入江が、このグループに知人がおり、聞き取り調査に対し、会合に出席するタレントを仲介した、いわゆる闇営業を認めたという。

この仲介は、所属する吉本興業を通さない形で行われており、同社の規定に反していました。

吉本興業では、所属していたタレントの島田紳助さんが、暴力団関係者との交際を認め、司会者などとして活躍していた芸能界からの引退を発表した過去があり、反社会的勢力との関わりには、厳しい態度を見せています。

スポンサーリンク


イリエコネクションとは?

カラテカ入江は、『友達5000人』とその人脈の多さを売りに芸人以外のいわゆる副業でも多方面で活躍しています。

入江は、2015年に「株式会社イリエコネクション」を起業し、実業家の顔も持っています。

芸人というキャリアを生かして、芸能人やアスリートに特化したセカンドキャリア支援をしていました。なかなかの目の付け所で、ビジネスのセンスが感じられます。

入江は自らを代表取締役とする“株式会社イリエコネクション”を15年10月に創業。昨年には厚生労働省から有料職業紹介事業の許認可も取得し、アスリートや芸能人に特化した“セカンドキャリア支援”を開始していました。しかし入江の契約解消を受けて事業認可が取り消される恐れも出てきたうえに、反社会的勢力と付き合いを持つ社長の会社とは、契約を続けにくいはず。
もはやイリエコネクションは機能停止も同然で、同社にセカンドキャリア支援を頼っていた人たちはいまごろ、誰を頼ればいいのか頭を抱えているかもしれません

引用
https://asagei.biz/excerpt/4007?amp=1

今やどの企業でも反社会的勢力との関わりの有無は、契約解除理由の一つになっています。今回報じられた反社会的勢力との繋がりの事実は、今後のイリエコネクションの事業に大きな影響を与えるでしょう。

大手企業でも社員の副業を認める動きが出ています。この風潮に今回の件が、水を差すようなことがないことを願います。

スポンサーリンク


キンコン西野、契約書不要?

今回のカラテカ入江と吉本興業との契約解消に、キングコングの西野亮廣さんが、ブログに投稿しました。

西野さんは、自身の考えとして、
口約束でなんとなくやる、ナアナアな感じがいいと言います。

契約書でガチガチになれば、ある意味守られますが、今、西野さんがやっているような活動のスピードは緩められ、時代に取り残されてしまいかねないということのようです。

その辺りを、事務所と都度都度話し合うことで、双方が納得行く形で進めることに気を配っているという。

なるほど。

事務所にナイショで、こそこそじゃなくて、正々堂々と副業をすればいいってことですね。そうすれば、副業で好きなことやって、それで稼いで何が悪い?ってことになりますね。

吉本興業の「契約」について思うこと by キンコン西野

スポンサーリンク


ワイドナショー、松本人志が語る

松本人志が今回のカラテカ入江の闇営業についてコメントしました。

なんらかのお金の提供があったと思わざるを得ない、と自身の考えを語りました。

カラテカ 入江と契約解消した吉本興業の対応に対しては、
「吉本興業が決めたことなので、『松本興業』としては何とも言えない」と笑いを取りました。

雨上がり決死隊の宮迫らに対しては、これからみなさんがどう判断するかですねと後輩たちの今後に気を配りました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする