小川洋平 顔画像、つくば市みどりの ひき逃げ事故でNPO法人職員が亡くなる。事故の原因や犯人像、現場などの情報まとめ

ひき逃げ事故のニュースです。

茨城県つくば市の市道で6月7日夜、男性が倒れているのが見つかり、その後、死亡しました。
状況から警察はひき逃げ事件として捜査しています。

事故の原因や犯人像などの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク


小川洋平、ひき逃げで死亡

6月7日夜10時半ごろ、つくば市みどりのの市道で、近くに住む団体職員、小川洋平さん(31)が倒れているのを近所の人が見つけ、警察に通報しました。

小川さんは、病院で手当てを受けましたが、頭などを強く打っていてまもなく死亡しました。

小川さんは1人で歩いていて、車にはねられたとみられています。警察はひき逃げ事件として捜査しています。

スポンサーリンク


事故の原因は?

「ドンと音がして、車が走り去る音が聞こえた。男性が顔から血を流して倒れている」

近所の人がドンという大きな音や車が走り去る音を聞いて外に出たところ、小川さんが倒れていたという。

近所の人が出てくるくらい大きな音だったということは、小川さんをひいた加害者のドライバーも当然気がついていたことでしょう。

事故当時の状況はわかりませんが、救護措置を取らずに逃げたということは、飲酒運転なども考えられます。

スポンサーリンク


ひき逃げ事故現場は?

事故が起きたのは、つくば市みどりのの市道で、センターラインのない市道が交わる丁字路で、つくばエクスプレスみどりの駅から1キロほど離れた住宅街です。

テレビニュースの映像で確認すると、道幅は広いですが、信号などはないようなので、暗い中、横断している小川さんに気づかなかったのかもしれないですね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする