三浦瑠璃(国際政治学者)が中学3年に受けた集団レイプを告白。初めての体験や痛み、絶望、死の恐怖などの情報まとめ。

はっきり言って、衝撃を受けました。
朝まで生テレビのパネリストやワイドショーのコメンテーターなどメディアの露出も多い美人で完璧な学者の三浦瑠璃さんが、中学生の頃に集団性的暴行を受けた経験があることを告白しました。

体験した人のリアルな描写に、何度も胸を締め付けられそうになりました。

三浦さんの初めての体験や死の恐怖などの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク


中学3年14歳、初めての体験

国際政治学者の三浦瑠麗さんが、過去に受けた性暴力などの経験を綴った自伝「孤独の意味も、女であることの味わいも」を出版しました。

その第1章「初めての経験」に書かれた14歳のときに受けた集団性的暴行の被害のことは、リアル過ぎて胸が苦しくさせます。

14歳、中学3年生のとき、小説を読みながら帰宅していた三浦さんは、後ろから寄ってきたバンに乗っていた男たちに声をかけられた。

《あとはあまり覚えていない。覚えているのは痛みと、死ぬのだろうな、という非常にリアルな感覚だけだ。私の頸に手をかけたそのうちの一人ののっぺりとした眼つきが醜くて気持ち悪く、せめてもっと楽な死に方をさせてもらいたかった。少なくとも一人は知っている顔だったと思う。

殺風景な新幹線の高架下で、ほらよ、と放り出されて、私はバッグとスカーフを胸に抱えて家までよろよろと歩いた。自分がどんなにぼろぼろでも、いつも通りの田舎の風景は微塵も私の心に寄り添ってはくれなかった。

きちんと閉まった正面の門を避けて庭の戸口から入り、母が茅ヶ崎の庭から持ってきて植えたあんずの木の下で、隠れるように外水栓の水で顔と手を洗った。制服を脱ぎ捨てたのち、手負いの狼のように私は炬燵の中で唸った。下腹部の痛みが尋常ではなかった。手でさわると血がついた。

(「初めての経験」より抜粋)》

引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190611-00010003-bfj-soci&p=1

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする