古瀬鈴之佑 顔画像、吹田市 千里山交番 巡査が重体。佐賀工業や東海大学 ラグビー部出身や人柄などの情報まとめ

大阪府吹田市の拳銃強奪事件で、刺された巡査の名前が明らかになりました。

現在重体となっているのは、古瀬鈴之佑巡査(26)です。

古瀬巡査の出身校や人柄などの情報をまとめてみました。

千里山交番巡査強盗殺人未遂事件

スポンサーリンク


古瀬巡査のプロフィール

●名前/古瀬鈴之佑(こせすずのすけ)
●年齢/26歳
●職業/警察官
●勤務地/吹田市 千里山交番
●出身地/福岡県朝倉市
●出身高校/佐賀工業
●出身大学/東海大学
●部活/ラグビー部

古瀬巡査は、2018年2月、大阪府警に採用され、その年の7月に吹田署に配属、千里山交番で勤務していました。

古瀬巡査は、強豪で知られる佐賀工業高校ラグビー部のウィングの選手として活躍していました。

がっしりした体格で、100メートル11秒台の俊足ウィングとして活躍していたという。

2年と3年時に全国高校ラグビー大会にも出場、進学先の東海大学でもラグビー部に所属し、2014年の長崎国体では佐賀県代表として全国優勝に貢献しました。

スポンサーリンク


古瀬巡査、恩師らがコメント

「正義感が強く、闘う意欲が旺盛な選手」

「奉仕、自己犠牲の精神が強い選手だった。何とか回復してほしい」

高校3年間を指導した佐賀工業高校ラグビー部総監督の小城博さん(69)は、古瀬巡査の回復を祈っています。

「本当に良い子で、『大学に通う弟を援助してくれて助かっている』と母親から聞いたこともある。なぜこんなことに」

福岡県の実家近くに住む男性(82)は古瀬巡査が子供の頃、清掃活動に積極的に参加していた姿を覚えており、今回の事件を聞き驚いていた様子です。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする