崎谷健次郎 歌手が現在 ストーカー被害、27年間に渡り続けていた女性が逮捕。きっかけや血判状などの情報まとめ

歌手の崎谷健次郎(56)が6月20日、フジテレビ系「とくダネ!」のインタビューに応じ、27年間に渡るストーカー被害の実情を語り、公式HPで、この女性が6月12日にストーカー規制法違反容疑で逮捕されたことを明かしました。

ストーカー被害のきっかけや血判状などの執拗な行為などの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク


きっかけはNYでの肉体関係?

1987年に歌手デビューし、「もう一度夜を止めて」はCMにも起用され大ヒットとなった崎谷健次郎さんが、27年にも渡りストーカー被害に悩まされていたことがわかりました。

崎谷さんは、フジテレビ番組「とくダネ!」でインタビューを受け、女性によるストーカー行為について説明しました。

ストーカー女性とは1991年に元妻の紹介で米・ニューヨークで出会ったという。

「滞在しているホテルに彼女がやってきて、2人きりになって、そこで間違いがありました。1度」

その時にその女性と男女の肉体関係があったことを打ち明けました。

「間違いはあったけど好意は持ってなかった

崎谷さんは、その女性に対する感情についてそのように語りました。

スポンサーリンク


ライブ中に婚姻届、血判状も

「ライブで演奏している最中に観客席から立ち上がってステージに婚姻届を置いてくる。観客が『ええ?』『なに?』と騒然となる中でもただ一点見つめて歩いてパンと婚姻届を置いてくる」

ニューヨークのホテルでの肉体関係がきっかけとなり、女性は崎谷さんへストーカー行為を行うようになったという。

女性は崎谷さんのライブの入場を禁止されましたが、他にも自分の血で書いた“血判状”を送り付けてきたこともあったという。

スポンサーリンク


なぜ、今になって刑事告訴?

「身の危険を感じたから」

2017年から直接のつきまといが再び始まったため、崎谷さんは刑事告訴に踏み切ったと説明しました。

「直接つきまといを始めるその時も、最初に言ったのは『婚姻届どうしたの?』。20何年もたってるのにですよ?」

「婚姻届出したのに返事がないよって」

「体をくっつけて『愛してるんだ』みたいなそういう話」

女性から受けた行為について、赤裸々に番組で告白しました。

他にも女性のブログなどで崎谷さんや周囲を中傷することを書き始めたことから耐えきれずに警察に訴え、女性は6月12日にストーカー規制法違反容疑で逮捕されました。

スポンサーリンク


みんなの反応は?

正直言って、「崎谷健次郎」という名前を久しぶりに耳にし、ヒット曲の「もう一度夜を止めて」を聴きましたが、いい歌ですね。ストーカー被害の告白には驚きましたが、みなさんの反応はどうでしょう。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする