岐阜 中3男子 転落死、中学校長がいじめ認め謝罪。担任が告発メモをシュレッダーや酷いいじめの実態、金銭要求、学校名を特定か?などの情報まとめ

岐阜市で中学3年生の男子生徒が転落死したとみられる問題で、男子生徒が通う市立中学校の校長が、いじめがあったことを認め、いじめがあったことを告発する手紙が担任によりシュレッダーで廃棄されていた可能性があることが分かりました。

酷いいじめの実態や金銭要求などの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク


中3男子生徒、転落事件とは?

6月3日、岐阜市のマンションの駐車場で市内の公立中学に通う3年生の男子生徒(14)が意識不明で倒れているのが発見され、搬送先の病院で死亡が確認されました。死因は、出血性ショックでした。

捜査関係者によると、現場近くの生徒の自宅からはいじめを苦にした自殺を示唆するメモが見つかっており、飛び降り自殺とみられていました。

スポンサーリンク


いじめ告発メモを担任が廃棄

「担任からメモがあるということは聞いておらず、メモがあるとわかったのは、きのうの午前中です。手紙を書いてくれた生徒の聞き取りをして、これはいじめであるという認識であります」

転落死した男子生徒が通っていた中学の校長は、いじめがあったことを認め、謝罪して、担任の教師がいじめの実態を告発したメモを、シュレッダーで廃棄していたことを発表しました。

そして、会見で校長は、問題のメモについて、担任教師が個人情報が書かれていたことから、シュレッダーにかけて廃棄したとみられると説明しました。

一体、何がどうなったら重要なメモ、命を救うはずのSOSを廃棄できるのでしょうか。

スポンサーリンク


メモを受け取った担任の対応は?

担任によって廃棄されたメモは、今年5月に同級生の女子生徒から担任に渡されていました。そのメモには、男子生徒がいじめ行為を受けていたとする告発が書かれていました。

「(手紙の内容は)『本当は言いたくないけれど、○○くんが心配です』『私も一緒に戦います。先生、力を貸してください』」

そのメモを受け取った担任の男性教師は、女子生徒からメモを受け取った際、

「任せてください。完璧にいじめです。指導します」

と答えたというが、教頭など上司には報告していなかったという。

この担任は、女子生徒の勇気ある告発を踏みにじり、14歳の大切な命の灯を消したんです。この罪は重過ぎます。

スポンサーリンク


いじめの酷い実態は?

廃棄されたメモには、死亡した男子生徒が2人の同級生からものを隠されたり、見下すような言動をされていたこと、また、給食の時に、好きなおかずを取られたりしていたことが書かれていたという。

「ピンタされたり、けられていた。唾をかけられていた。口にジュースを含んで吹き付けられていた。トイレで土下座をさせられていた。金銭の要求をされていた。金額は2万円ほどか」

男子生徒が転落死したあとの調査で、酷すぎるいじめを受けていたことが明らかになっています。

スポンサーリンク


東長良中学校、特定か?

ツイッターには、今回のいじめ、自殺の現場となった中学校について、特定されたと騒がれています。

このアカウントが事実かどうかはわかりませんが、そこでは、いじめ被害者で自殺した男子生徒や加害生徒は卓球部など際どいことまで投稿されています。

スポンサーリンク


世間の反応は?

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする