川原貴憲が知的障害のある女性を狙いわいせつ行為。卑劣な手口や酷い動機、余罪などの情報まとめ

東京 江東区のマンションで、知的障害がある10代の女子高生にわいせつな行為をしたとして、会社員川原貴憲容疑者(46)が逮捕されました。

卑劣な犯行手口や身勝手な動機、余罪などの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク


卑劣な手口とは?

知的障害のある女子高校生にわいせつな行為をしたとして、準強制わいせつなどの疑いで逮捕されたのは、東京都大田区東六郷、会社員川原貴憲容疑者(46)です。

川原容疑者は、6月24日午後5時ごろ、東京都江東区のマンションのエレベーターや外階段で、学校から帰宅した10代の女子高校生の尻や太ももを触るなどした疑いが持たれています。事件翌日、女子高校生と母親が近くの交番に事件を届け出て、逮捕に至りました。

スポンサーリンク


酷い動機は?

「性的な欲求が抑えられなかった。

「抵抗したり騒いだりしない知的障害者を狙った」

川原容疑者は、警察の取り調べに対し、容疑を認めているという。

川原容疑者は、現場近くで見かけた女性のあとをつけて女性が住むマンションに侵入し、「スカートにゴミがついている」と声をかけてスカートをめくり、女性の下半身を触ったというから、悪質で、卑劣さは許しがたい犯行です。

スポンサーリンク


川原容疑者の余罪は?

「性的な欲求が抑えられなかった。知的障害がある別の女性にもわいせつな行為をした」

川原容疑者は、警察の取り調べで、他の女性へのわいせつ行為についても供述しており、川原容疑者が知的障害がある女性ばかりをねらって犯行を繰り返していた疑いがあるとみて捜査しています。

スポンサーリンク


川原容疑者のプロフィール

●名前/川原貴憲
●年齢/46歳
●住所/東京都大田区東六郷
●職業/会社員
●容疑/準強制わいせつ

川原容疑者の顔画像は、現段階でテレビニュースなどでは公開されていません。facebookなどの情報を調べていますが、本人のアカウントの特定には至っていません。

今回の事件は、社会の中で助けなければいけない人を狙った悪質な犯罪です。自分の欲求を満たすために人間として最低の行動をしてしまいました。川原容疑者の罪は重く、はっきり言って、こういう人間が身近にいるとしたら気持ち悪く、軽蔑し続けると思います。

罪を憎んで、人を憎まずなんて甘いことは、コイツには絶対に言いたくない。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする