カープ 緒方孝市監督が野間峻祥外野手に平手打ち暴力で謝罪。原因や球団処分、選手への影響、常習?などの情報まとめ

5連勝で4連覇へ向けギヤを上げつつあるセ界チャンピオンの広島東洋カープに暗雲です。

広島の鈴木清明球団本部長は7月24日、緒方孝市監督が、6月30日のDeNA戦試合後に野間峻祥外野手を平手で複数回たたいたと発表しました。

紳士的なイメージの緒方監督が選手に手を上げた原因や処分、選手たちへの影響などの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク


緒方監督、暴力の原因は?

広島は7月24日、緒方孝市監督(50)が野間峻祥外野手(26)に複数回の平手打ちの暴力行為を行ったと発表しました。

緒方監督が野間選手に手を上げた原因は、6月30日・DeNA戦(横浜)で、その試合後、全力疾走を怠った野間選手を手のひらで複数回、たたいたという。

野間選手はこの日の試合で九回に代走として出場し、その後守備に就いていました。延長11回の打席で、投手前へ放った小飛球を投手が落球したものの、緩慢な走塁でアウトになっていて、その怠慢と見えるプレーに対して、監督室で指導する中で手をあげてしまったという。野間にけがはない。

スポンサーリンク


緒方監督、処分は?

「申し訳ない」

カープ球団は、7月15日付で球団本部長名で緒方監督に厳重注意をし、NPBに報告し、緒方監督は同日、コーチ、選手ら全員の前で謝罪をしたという。

「監督が手を出したのは初めてで、常習ではないと判断した。いかなる理由があっても手を上げてはいけない。再発防止に努める」

鈴木清明球団本部長は述べています。

「深く反省しています。本意でないのは、こういうことで選手がプレーしにくい環境を作ってしまったこと。申し訳ない」

緒方監督は7月24日の試合後、報道陣に謝罪しています。ファンを悲しませるニュースです。

スポンサーリンク


野間選手の反応は?

「この件は本部長に任せています」

試合後に記者団の取材に言葉少なに応えたという。

「監督の言う気持ちも理解できるので不満はないです。この問題は大きくして欲しくない」

鈴木本部長によると、野間選手は話しているようです。

連敗からようやく抜け出し、連勝を続けているカープにとって、暴力を受けた野間選手本人の影響はもちろんですが、他の選手への影響が心配されます。

この暴力以降、カープは9連敗していることからもわかるように、影響はない、大丈夫とは言えないでしょう。

スポンサーリンク


ファンの反応は?

・選手はもう少しプロ意識を持って、監督はこのご時世をもう少し受け入れて、お互いもう少し大人になるべきと思う。

・真面目にやらない選手は、それを見に来てくれたファンを裏切ってると自覚するべき、観客に失礼だからビンタより減俸とか降格が良いと思うよ

・チーム内にこうしたゴタゴタがあったことが連敗の原因の一つだったのか。週刊誌?や球団上層部に密告するアンチ緒方監督派の選手がいるってことだね。誰だろう。ひいきされてる田中選手ではないのは確か。新井がいればうまくまとめてたはず。その意味でも新井がいないことが連覇に影響した。

引用
https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190724-00000173-jij-spo

野間選手は、緒方監督も現役時代に背負っていた背番号37を付けています。おそらくどの選手よりも想いが強いのは確かです。だからこそ、余計に熱の入った指導になってしまったのかもしれませんが、ファンを悲しませる結果になってしまってはダメでしょう。ファンへの恩返しは、日本一しかありません。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする