吉岡てつを(前九州厚生局長)が知人女性にセクハラで懲戒処分。懲りない男の呆れた動機や経歴などの情報まとめ

厚生労働省は7月26日、知人女性にセクハラ行為をしたとして、前九州厚生局長の吉岡てつを氏(56)を停職1カ月の懲戒処分にしたという。

セクハラやパワハラなどを規制する法律を所管する厚生労働省の幹部によるセクハラ。動機やエリート経歴などの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク


吉岡てつを、セクハラ懲戒処分

厚労省の発表によると、吉岡前局長は内閣官房新型インフルエンザ等対策室長だった2015年11月、仕事で知り合った女性と飲食店で仕事に関する話をした後、近くの公園に女性を連れて行き、無理やりキスをして、胸を触るなどしたという。

吉岡前局長の行為はセクハラに該当し、国家公務員法の「信用失墜行為の禁止」に違反すると説明し、停職1カ月の懲戒処分とした事由を報告しました。

なお、吉岡前局長は7月9日、九州厚生局長から官房付となっています。

スポンサーリンク


吉岡てつを、セクハラの動機は?

「大変申し訳ないことをした」

吉岡前局長は、厚労省の調査に対して事実関係を認めているという。

「女性との利害関係の有無は言えないが、利害に絡む問題はなかった」

厚労省は、吉岡前局長と被害女性との間の利害関係の有無について、かなり曖昧な説明をしています。想像の域は超えませんが、当時、内閣審議官兼新型インフルエンザ等対策室長を務めていたことから、製薬系企業のMRとの何らかの関係があったのではないのかと思われます。

スポンサーリンク


吉岡前局長のプロフィール

●名前/吉岡てつを
●年齢/56歳
●職業/厚生労働省職員
●勤務先/大臣官房付
●出身/熊本県八代市
●高校/鹿児島ラ・サール
●大学/早稲田大学政治経済学部
●懲戒/停職1カ月

吉岡前局長の顔画像は、現段階でテレビニュースなどでは公開されていませんが、facebookで本人のアカウントが特定されましたので、そこに投稿されていた顔画像を紹介します。

それにしても、吉岡前局長はfacebookの更新をかなりしていて、7月9日付の異動情報もキチッと更新されていました。

こういうところから、かなりヤバい人、気持ち悪い人の印象を受けていますが実際にはどうなんでしょうか。

出身校を見る限りは、かなりのエリートですから厚労省の中でもキャリア官僚として幹部だったんでしょうが、どこか自分の名声のためにやっているように感じます。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする