白戸康浩 顔画像、千葉県職員が鎌倉市由比ヶ浜で海水浴客を盗撮。犯行の手口や動機、処分などの情報まとめ

神奈川・鎌倉市で、自称・千葉県庁職員の56歳の男が海水浴客を盗撮した現行犯で逮捕されました。

犯行の手口や動機などの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク


白戸容疑者、犯行手口は?

鎌倉市由比ガ浜の路上で、海水浴に来ていた女性の水着姿を盗撮したとして、県迷惑行為防止条例違反の疑いで現行犯逮捕されたのは、千葉県企業局土地分譲課職員、白戸康浩容疑者(56)です。

白戸容疑者は、自分の水着にスマートフォンを挟み込み、東京都から来ていた31歳と30歳の女性を撮影したとみられています。

スポンサーリンク


白戸容疑者、犯行の動機は?

被害女性2人の友人男性が不審に思い、声を掛けたところ逃げたため、追い掛けて取り押さえたという。

白戸容疑者のスマホには動画が残っていて、警察の調べに対し白戸容疑者は容疑を認めているようです。

犯行の動機について、まだ明らかにはなっていませんが、盗撮することに快感を求めて犯行に及んだのではないでしょうか。

スポンサーリンク


プロフィールや処分は?

●名前/白戸康浩
●年齢/56歳
●住所/千葉市美浜区
●職業/千葉県職員
●配属/企業局土地分譲課
●容疑/県迷惑行為防止条例違反

白戸容疑者の顔画像は、現段階でテレビニュースなどでは公開されていません。facebookなどの情報を調べていますが、本人のアカウントの特定には至っていません。

白戸容疑者の懲戒処分について、調べていますが起訴されるかどうかこれからですので、処分はまだのようです。
どうしてこんな事件を犯してしまったのか呆れてしまいますが、余罪を含めて捜査を慎重にして、厳しい処分を望みます。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする