広島県 呉市職員がトイレで盗撮で退職。呆れた手口や動機、名前、顔画像などの情報まとめ

広島県呉市は、盗撮目的で職員用トイレにスマートフォンを設置したとして男性職員を、停職1か月の懲戒処分にしたことを発表しました。

手口や動機などの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク


トイレで盗撮の手口は?

停職1か月の懲戒処分を受けたのは呉市職員の41歳の男性です。

この男性職員は、7月6日午後6時すぎ、盗撮目的で呉市内の公共施設の職員用トイレの床に自分のスマートフォンを置いたという。トイレは男女共用でトイレに入った同僚職員が、録画中のスマートフォンを見つけました。

そりゃあ、すぐに足がつきますよ。職員用のトイレを利用するのは、職員なんだから怪しいスマホが誰のものかなんてすぐにわかるでしょう。

スポンサーリンク


盗撮の動機は?

「トイレに行った際に思いついた。
迷惑をかけ申し訳ない」

呉市に対しこの職員はそう答えたということから、ほんの小さな出来心で、、、なんて言い訳は通用しないですよ。

自分の仲間を盗撮できる神経を疑います。

スポンサーリンク


盗撮の懲戒処分は?

呉市は、トイレで盗撮しようと試みた男性職員に、停職1カ月の懲戒処分を科しました。

この男性職員は、責任を感じたのか8月7日付で依願退職したという。

「二度とこのような事態を招くことが無いよう信頼回復に向け職員一丸となって取り組んでまいります」

新原呉市長が、コメントしています。このようなニュースで注目されることは望んでいなかったでしょう。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする