大阪府松原市の61歳僧侶があおり運転か?胸ぐらを掴む暴行。原因や名前、顔画像、どこの寺などの情報まとめ

あおり運転のニュースが後を絶ちません。
遂には、冷静沈着なイメージの僧侶までもが。
急ブレーキを繰り返すあおり運転をした上、後続車の運転手の胸ぐらをつかんだとして、大阪府松原市の僧侶の男(61)が暴行の疑いで書類送検されました。

原因や名前、どこの寺かなどの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク


松原市の僧侶、暴行の原因は?

暴行容疑で大阪府松原市の61歳僧侶の男が書類送検されました。

僧侶は今年1月20日午後1時30分頃、堺市北区の府道で乗用車を運転中、後続の軽乗用車の男性(36)に対し、約450メートルにわたって急ブレーキを数回踏み、信号待ちで停車した際、男性の胸ぐらをつかんだ疑いが持たれています。

後続車にパッシングされたことに腹を立て、急停車を繰り返し、降車して相手の胸ぐらをつかんだという。僧侶は約450メートルにわたって急ブレーキを繰り返したり、自車のドアを開けて威嚇したりしました。僧侶は僧衣姿で檀家を訪れる途中でだったという。

スポンサーリンク


松原市の僧侶、動機は?

「胸ぐらをつかんだのは行き過ぎた行為だった」

僧侶は警察の取り調べで容疑を認めています。

僧侶の車は府道脇の飲食店駐車場から急に飛び出し、男性にパッシングされていました。被害男性が110番し、男性のドライブレコーダーの映像から、僧侶を特定し、逮捕、書類送検となりました。

「(パッシングされたので)注意してやろうと思ってブレーキを踏んだ」

僧侶の動機については、明らかになっていませんがパッシングされたことにイラッとして、僧侶とは言え自分の感情を抑えきれなかったということでしょうか。

スポンサーリンク


松原市の僧侶の名前特定か?

とんだ僧侶ですが、名前は報じられていません。これに関して調べていますが、現段階で顔画像同様に情報はなく特定には至っていません。

また、どこの寺の僧侶なのか気になるところですが、こちらも松原市の寺の中から特定することはできていません。

スポンサーリンク


みんな反応は?

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする