日本人女性が韓国でナンパ、断ると韓国人の男から暴行されツイッターに投稿。加害者の顔画像や 動機、三浦瑠麗のミソジニー発言などの情報まとめ

見ているだけでも胸糞が悪くなります。
日韓関係が悪化するなか、韓国・ソウルを訪れていた日本人女性が韓国人の男から暴行を受けるという恐ろしい事件が起きました。

ナンパをキッカケに暴行事件を起こした加害者の顔画像や政治学者の三浦瑠麗さんのミソジニー発言などの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク


ソウル、ナンパ暴行事件とは?

事件は、8月23日に起きました。
ソウル市中心部の繁華街・弘大前で午前5時頃、日本人女性の髪をつかんだなどとして韓国人男性が暴行容疑で事情聴取を受けています。韓国の警察では、被害者の日本人女性からも事情を聞き、女性のけがが確認されれば傷害罪で立件する方針という。

日本人女性に暴行を加えたのは35歳の韓国人男性です。帰宅途中に酔って通りすがりの日本人女性6人に日本語で話しかけましたが、相手にされなかったため、差別的な罵声を浴びせた上で、女性のうち1人の髪をつかむなど暴行を加えたという。

スポンサーリンク


被害女性がツイッター投稿

日本で大々的にニュースとして広がったのは、被害に遭った女性が、生々しい暴行の様子をツイッターに投稿したからでした。

加害者韓国人男性のあまりにも下衆な行動に非難が集中し、瞬く間にニュースは広がることになりました。

スポンサーリンク


加害者男性、犯行動機は?

「日本に対する悪感情はない」

日本人女性に暴行を加え事情聴取を受けている加害男性は、現在の日韓関係の悪化局面との関係を否定しています。

暴行当時、男性は酔っていて、日本人女性たちにナンパしたところ、無視されたことに腹を立てて、暴行に至ったと見られています。

被害女性は、首や頭にケガを負っているようで精神的なショックもあるのか通院しているようです。

スポンサーリンク


三浦先生、ミソジニーと怒り

国際政治学者の三浦瑠麗氏は、今回のソウルでの暴行事件について自身のツイッターに投稿し、痛烈に批判しています。

ミソジニーとは「女性憎悪」のことのようです。また、三浦さんは韓国の警察に今後の対処を求めています。

こんなことが普通に起こりうるとしたら、気軽に韓国旅行なんて行けませんよ。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする