佐々木義邦(ささきよしくに)東京都職員 児童福祉司が他人の戸籍の不正入手を企み懲戒免職。手口や動機、余罪などの情報まとめ

公務員である自分の立場を利用して他人の戸籍謄本を不正に入手しようと請求書を偽造したとして、東京都児童相談センターの職員が逮捕されました。
その手口や動機などの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク


佐々木容疑者の犯行手口は?

他人の戸籍謄本などを不正に入手しようと請求書を偽造したとして、有印公文書偽造などの疑いで逮捕されたのは、元東京都福祉保健局児童相談センター課長代理佐々木義邦容疑者(54)です。

佐々木容疑者は、同センターの児童福祉司だった昨年4月ごろ、男女数人分の戸籍謄本や住民票の公用請求書8通を業務で使用すると偽って作成し、八王子市役所に郵送した疑いが持たれています。

公務員だからこその抜かりのない手続き。今回は未遂で終わっていますが、このような形で個人情報が漏洩されている可能性までも疑ってしまう悪質な事件です。

スポンサーリンク


佐々木容疑者、犯行動機は?

「かつて担当した児童の母親から人間関係の相談を受け、相手に興味を持った。興味本位で請求した。」

佐々木容疑者は、警察の取り調べで容疑を認めています。

相談自体がたいへんセンシティブなので、だからこそ信頼の置ける児童福祉司の佐々木容疑者に相談したのでしょうが、とんだ職員だったことになります。

相談をした母親や子どもの情報などを入手している可能性もあり、悪用していた疑いもあります。

スポンサーリンク


佐々木容疑者のプロフィール

●名前/佐々木義邦(ささきよしくに)
●年齢/54歳
●住所/東京都府中市府中町
●職業/元東京都職員
●所属/福祉保健局児童相談センター
●役職/課長代理
●資格/児童福祉司
●容疑/有印公文書偽造など

佐々木容疑者の顔画像は、既にテレビニュースなど公開されています。

ニュースでは、佐々木容疑者は平成28年6月に休職し、昨年3月から復職に向けて事務作業を担っていたところ、昨年5月に都から署へ相談があり、同12月に懲戒免職処分となったと伝えられています。

佐々木容疑者は休職からの復職プログラムの最中に、公務を行おうとしたと言えます。休職の理由が特定されていないので、想像の域は超えませんが、メンタルの不調で正しい判断が難しい状態だったのかもしれません。

いずれにしても、東京都にはこのようなことが起きないように信用回復に努めて欲しいです。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする