中西学(佐賀県立高校教師)が飲食店のトイレで盗撮。手口や動機、学校名などの情報まとめ

高校の先生が盗撮とは。
佐賀県内の県立高校で働く男性教師が、先月から今月にかけて、飲食店のトイレに小型カメラを設置して盗撮をした疑いで逮捕されました。

盗撮の手口や動機、勤務する学校名などの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク


中西容疑者、犯行手口は?

盗撮の疑いで逮捕されたのは、佐賀県の県立高校の教師中西学容疑者(40)です。

中西容疑者は、6月から7月にかけ佐賀市内の飲食店のトイレに直径2センチほどの小型カメラを設置して、男女10人を盗撮した疑いがもたれています。

男女を盗撮したということは、男女が共有で使用するトイレにカメラを設置していたんでしょうか。

スポンサーリンク


中西容疑者、犯行動機は?

中西容疑者は、警察の取り調べで容疑を認めているようですが、盗撮をした動機は明らかにされていません。

ストレスがあった、、、とか、いかにもな言い訳をしているのかもしれませんが、単純に他人の秘めた部分を見たいという変態的欲求に負けただけだと思います。

もう、教師はしてはいけない人間だと認識して欲しいですね。

スポンサーリンク


中西容疑者、逮捕の決め手は?

中西容疑者が逮捕に至ったのは、カメラに気づいた女性店員の通報で警察が調べたところ、カメラを仕掛ける中西容疑者本人が映っていたからだという。

この手の犯行ではよくあるマヌケな犯行の暴露ですね。
自分が設置したところが映ってたら言い訳は聞かないですから。

スポンサーリンク


勤務する学校名を特定か?

ニュースなどでは中西容疑者の顔画像や勤務する学校については、公表されていません。

顔画像について調べようと、facebookなどSNSを調査し、本人のアカウントらしきものは見つかりましたが、佐賀市居住と書かれているもののそこに顔画像はありませんでした。

勤務する学校名について調べたところ、今年の3月時点で、

佐賀県立鳥栖高校

に「中西学」という名前の教師が勤務していたと思われます。同姓同名の他人の可能性もゼロではありませんが、中西容疑者本人と考えられます。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする