宍倉拓也(ししくらたくや)母親はなぜ?養子縁組をした父 宍倉靖雄と 佐中佑輔 金子栄司から保険金殺人でショックか。手口や目的、生い立ちなどの情報まとめ

水難事故を装った保険金殺人事件で、主犯格の男が被害者を殺害した直後に、保険会社の担当者に被害者の死亡を伝えていたことがわかりました。

殺害された宍倉拓也さんは養子縁組ののち、保険金目的で殺害されたとみられていて、母親は今どんな風に思っているんでしょうか。

殺害された手口や生い立ちなどの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク


宍倉靖雄容疑者らの犯行手口は?

殺人の疑いで逮捕されたのは、内装会社社長の宍倉靖雄容疑者(48)と内装会社で働いていた佐中佑輔容疑者(31)、内装工の金子栄司容疑者(50)の3人です。

宍倉容疑者ら3人は2019年1月、千葉・富津市の金谷港の埠頭で、宍倉容疑者の養子で当時23歳の宍倉拓也さんを海に転落させ、殺害した疑いが持たれています。

前日の午後10時ごろから、千葉市内の焼き肉店で新年会が開かれ、内装会社社長の宍倉容疑者と従業員の佐中容疑者、金子容疑者、拓也さんらが参加しました。

拓也さんは当時、栃木県内の現場で働いていましたが、宍倉容疑者は自ら現場監督に連絡し、拓也さんを千葉に帰すよう求めたという。

焼き肉店で会合のあと、拓也さんと宍倉容疑者らはキャバクラに行き、そのあと富津市方面に向かいました。

捜査本部は3人が拓也さんを酔わせた上で海に転落させた疑いもあるとみて調べています。

事件があった1月27日は、関東で雪が積もるほど寒い日で、千葉県南部には波浪注意報が出るなど、海も荒れていたという。

スポンサーリンク


入念な殺害を計画か?

佐中容疑者「拓也を殺す夢を見た」
宍倉容疑者「あと2カ月だからね」

LINEの詳細なやり取りで、犯行が計画的だったことが明らかになっています。

「拓也と養子縁組を交わして、保険金をかけて、拓也を殺してしまおう」

宍倉容疑者は、2018年春ごろ、従業員の佐中容疑者に持ちかけていたという。

「拓也に釣りを趣味にさせて海に落とす」

さらに宍倉容疑者は、殺害の具体的な計画についても話していたという。

宍倉容疑者は、佐中容疑者に加え、2018年8月ごろから会社で働くようになった金子容疑者にも、「拓也をやることは佐中と話がついている。拓也を海に連れて行って、釣りをやって海に落とす」と話したという。

当初は、2018年末の犯行を計画していたが、拓也さんが当時働いていた栃木の現場から戻れなかったため、断念。そのため、2019年1月26日に新年会として集まり、拓也さんと飲酒しその後、海での犯行に及んだという。

逮捕された3人のうち、複数の容疑者が、「計画して殺害した」という趣旨の供述をしている。

保険金については、支払われていないという。

スポンサーリンク


保険金殺人、犯行動機は?

宍倉容疑者ら3人が宍倉拓也さんを溺死させたと殺人事件で、3人に借金があったとみられることが報じられています。

殺害された拓也さんには、宍倉容疑者を受取人とした、およそ5,000万円の生命保険がかけられていました。

拓也さんには、いずれも靖雄容疑者を受取人とする生命保険が三つ掛けられており、うち一つは昨年11月に受取人が母親から変更。残り二つは養子縁組後、新たに契約していました。

宍倉容疑者は保険金を請求するため、保険会社の担当者に拓也さんの死亡を犯行当日の夜に伝えていたことも新たにわかったという。

警察は、拓也さんと養子縁組をした宍倉容疑者が保険金殺人を計画し、ほかの2人が計画に加わったとみて、捜査を進めています。

スポンサーリンク


宍倉拓也、養子縁組など生い立ちは?

宍倉容疑者らに保険金目的で殺害された宍倉拓也さんは、2018年8月、勤務先の社長だった宍倉靖雄容疑者の養子になっていました。佐中、金子の両容疑者も一緒に働いていました。

2018年11月には、拓也さんが加入していた保険金の受取人が、拓也さんの母親から宍倉容疑者に変更されていました。

「(宍倉容疑者は)『お母さんが、拓也ちゃんのことを全然かわいがらないから養子にした』、そんな物言いだった」

近所の人は、拓也さんが宍倉容疑者の養子になった理由を話す近所の人もいるようです。

「動物に愛情をかける優しい子。
ネコちゃんをなでてやったり」

拓也さんを知る近所の人が拓也さんの人柄を語っていました。

拓也さんは、自分が保険金目的で殺害されることを察することはなかったのでしょうか。

そして、母親はどう思っているんでしょうか。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする