マツコ・デラックスと5時に夢中!がN国支援者から集団訴訟か?1万人が1万円で慰謝料は総額1億円。原告募集や被告マツコ側の対応などの情報まとめ

マツコ訴えられる?
衝撃のニュースです。

NHKから国民を守る党の立花孝志党首は、ユーチューブを通じて東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)とタレントのマツコ・デラックスさんを相手取り、総額1億円の慰謝料を求める原告1万人の集団訴訟を起こす方針を明らかにしました。

スポンサーリンク


マツコ、5時に夢中!で侮辱か?

TOKYO MX「5時に夢中!」は今年7月、番組出演中にマツコ・デラックスさんがN国に関して

「気持ち悪い人たち」
「ふざけて(票を)入れた人も相当いると思う」
「宗教的な感じも」

などと発言したとして、反発したN国の立花党首は、マツコさんが出演する毎週月曜日の同番組の生放送中に8月12日から3週連続でMX前に出向き、抗議活動を行っていました。

公開されたユーチューブの中で、立花党首は、マツコさんの発言が民放710条や放送法4条に違反する侮辱行為と主張し、マツコさんと番組を放送するMXを被告として訴えるという。

スポンサーリンク


集団訴訟にするのはなぜ?

N国の立花党首の主張では、マツコさんはテレビを通して、自分の意見を広く訴えることができるが、N国を支援する約250万人の人たちは、言われっぱなしで言い返す場がないから、集団訴訟という手段で、対抗するという。

集団訴訟を起こすことで、テレビの横暴を止めたいとも訴えています。

スポンサーリンク


原告1万人を来週から募集

集団訴訟の原告は、7月の参院選で同党に投票した有権者を対象に来週から募集する計画という。

当初は10万人を考えていたようですが、先着1万人で原告団を形成して1人当たり1万円の損害賠償を求める予定。

裁判費用は一人当たり約100円とみていて、要は100円で1万円を得ようという算段です。

ちなみに、立花党首は公人なのでという理由で、原告団に入らないという。

スポンサーリンク


TOKYO MXの対応は?

「全ての番組で法令、放送基準等を遵守し、番組制作を行っている。事実誤認に基づく指摘・批判等に対しては毅然と対応する」

N国から番組が放送法4条の「政治的に公平」「多くの角度から論点を明らかにすること」に違反し、発言は「N国支持の有権者に対する侮辱行為だ」と主張されているTOKYO MXは、「視聴者の皆様へ」と題した文書をホームページに掲載しました。

まさに、どんな政治的、宗教的な団体からの圧力にも屈しないという姿勢を視聴者に見せました。

スポンサーリンク


今後の展開を予想

国会議員ユーチューバーとして、扇動的な活動を続けているN国党首の立花党首ですから、きちんと原告1万人の募集は行うでしょう。その手段を否定はしません。

果たして1万人集まるのか?

ここが最初の注目ポイントと私はみます。
日本人は訴訟になれていないので、はっきり言って原告とは言え、引いちゃいます。

そもそも、マツコさんや5時に夢中!が嫌いなら、見なきゃいいんです。そのチカラをもっとほかのことに有効利用した方がいい。

私は立花党首が動画で、

邪魔臭い

と言っていたのが、どうにも腑に落ちないんです。そんな捨てゼリフを吐いて、集団訴訟という流れは、ふざけているという意見をぶつけられても仕方ない側面もあるのかなと感じました。

言葉は、時に凶器になります。

N国が民放局を潰しにかかるのは、甚だ疑問です。

エンタメを楽しめる社会にしてほしいんですよ。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする