テレビ朝日 報道ステーション 桐永洋チーフプロデューサーがセクハラした女子アナ特定。ひどい手口と軽すぎる処分などの情報まとめ

人気報道番組のドンであるチーフプロデューサーが出演する女子アナにひどいセクハラをして処分されたことが公表されました。

職場での立場を利用したセクハラは、後を絶ちません。チーフプロデューサーの手口と処分などの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク


桐永チーフPのひどい手口は?

テレビ朝日の人気報道番組「報道ステーション」で起きたセクハラ騒動。

加害者は桐永洋チーフプロデューサー(49)。
被害にあったのは番組のフィールドリポーターを務める森葉子アナウンサー(33)とみられています。

デイリー新潮が伝えている情報がリアルですので、抜粋して説明させてもらいます。

セクハラ事件が起きたのは5月4日未明のこと。

森アナは、4月から番組に起用されたばかりの“新顔”で、対して桐永氏は“番組の最高権力者”。ゆえに気をつかった森アナ、桐永氏に誕生日プレゼントとして、1000円程度の焼き菓子を贈ったという。まあ、上司に身をかけてもらおうと、よくある忖度です。

しかし、これが引き金となってしまったようです。

「桐永さんはよほど嬉しかったのか、そのお返しということで食事に誘った。〈軽く飲みに行きませんか〉というLINEだったが、それを断っていると、こんなメッセージが届いたようなんです」(テレ朝関係者)

〈5月3日24時、麻布十番の○○を予約しました〉

「これに対して彼女は、“他にも人がいるのかな”と思ってその居酒屋に行ったところ、個室に桐永さんひとり。驚いたけれど、相手は上司ですからイスを蹴って帰るわけにもいかず、二人きりで飲むことに……」(同)

もっとも、酒に強い森アナ。最後まで酔っ払うことはなく、会はお開きとなったものの、歩いて帰ろうとする森アナを桐永氏は引き止め、タクシーで送っていくと主張。そして2人を乗せた車が森アナのマンションの前につくと、今度は“酔っているから送っていく”と、なぜか桐永氏も下車。

「大丈夫です」を繰り返す森アナに対し、桐永氏の進撃は止まらず、エントランスを突破し、エレベーターの中へ……。

「桐永さんに帰るように促したところ、いきなり彼が、がばっと抱きついてキスをしてきた。彼女はもちろん嫌だったんですが、相手は上司であるうえに、全然帰ってくれない。これで離れてくれるなら、と引っぱたいたりすることはなかったようです」(先の関係者)

引用 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190904-00581098-shincho-ent

この一連の流れが事実なら、完全にセクハラ。というか、被害届を出したら刑事事件にもなり兼ねないひどい行為です。

スポンサーリンク


森アナ、社内窓口に相談

「また飲もうね」

悪びれもせず帰って行った桐永氏は、その後も数回、森アナを飲みに誘うLINEを送ったという。

流石にこの後、森アナ、そして被害を聞きつけた複数のディレクターも、相前後してテレ朝内のコンプライアンス統括室へ相談に駆け込みました。

桐永氏は“彼女は酔っていて放っておけず、マンションまで送った”“彼女から抱きついてきた”などとコンプラ担当に説明し、担当者の判断は一時揺らいだという。

スポンサーリンク


桐永チーフPの軽い処分は?

社内調査の結果、桐永氏に処分が下されました。

●3日間の謹慎
●チーフプロデューサーの解任
●BS朝日への“出向”

花形の番組チーフプロデューサーのポジションを失ったとは言え、森アナに対して行った身勝手な行為を考えれば、処分は軽いと言わざるを得ません。ほとぼりが冷めた頃には、再び戻ってくるかもしれませんし。

セクハラ問題に詳しい板倉由実弁護士のコメントもデイリー新潮では紹介しています。

「キスは強制わいせつに当たりますから、3日間の謹慎処分では軽すぎます。これが外資系の企業だったら、懲戒解雇の対象になるはずです」

スポンサーリンク


桐永チーフPのプロフィール

●名前/桐永洋
●年齢/49歳
●職務/元 報道ステーションチーフプロデューサー

桐永氏は既婚者で、2人の子供がいるという。また、森アナと同じように桐永氏からセクハラを受けた女性が10人はいるとみられています。日常的に自分の部下に対してセクハラ行為を繰り返していたのかもしれません。

昨年9月、サブキャスターだった小川彩佳アナウンサーを番組から卒業させたのも桐永氏でした。桐永氏は小川アナにも2人きりで飲みに行こうと誘い、断られる“セクハラ未遂”騒動もあったという。

こんなセクハラ三昧の父親を持つ子どもさんが不憫でなりません。テレビ局の偉い立場の人ですので、経済的には裕福かもしれませんが、家庭は崩壊寸前となっているかもしれません。

テレビ朝日としては、しっかりと膿みを出し切って、視聴者の期待に応える番組を作ってほしいですね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする