映画「彼女は夢で踊る」感想。劇場支配人役の加藤雅也が愛したストリッパー役の岡村いずみと広島第一劇場などの情報まとめ

映画「彼女は夢で踊る」は、広島で実在していたストリップの殿堂、広島第一劇場を舞台にした長く切ないラブストーリーです。

劇場支配人と彼が愛したストリッパーの素直になれないやりとりや広島第一劇場などの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク


内容

何度も閉館の危機を乗り越えながら、多くのファンに愛される実在するストリップ劇場「広島第一劇場」を舞台にしたラブストーリー。

閉館の時が迫る広島の老舗ストリップ劇場で、社長の木下はかつてのきらびやかな時代を思い出していました。劇場のラストステージを飾るのは、この舞台で幕を引く有名ストリッパーや、謎めいた若い踊り子。

最後の幕が上がり、観客たちはステージの踊り子たちの裸の先にある何かを見つめていた。劇場の終演に木下は、忘れていたありし日の恋、そして胸の奥に隠していたダンサーとの秘密を思い出していました。

スポンサーリンク


ラストに感情が解放される

懐かしい音楽に合わせて、妖艶に踊るストリッパーの映像が、何故だろう、美しく見える。

若い頃、先輩に連れられて冷やかしで行った広島第一劇場で見た劇場の光景を思い出しました。

女性ストリッパーが、纏う衣装を一枚一枚脱ぎ、見事に整った胸と女性らしくしっかりしたお尻を露わにします。目の前で踊るストリッパーに、魅せられたのを思い出しました。

懐かしさと自分にもあった切ない恋の思い出を、この映画は思い起こさせてくれます。

時間の流れと気持ちの解放を、流れる音楽で見事に表現していて、ラストは静かに涙してしまいました。

スポンサーリンク


みんなの反応は?

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする