松本拓巳 税務署事務官が酒気帯び運転で事故。逮捕容疑や動機、顔画像、処分などの情報まとめ

酒気帯びの状態で車を運転したとして、水戸税務署の職員が現行犯逮捕されたニュースが入ってきました。

あおり運転が問題となっていますが、なくならない飲酒後の運転。

公務員が起こしたアルコール飲酒による運転について容疑や動機などの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク


逮捕容疑は?

酒気帯び状態で車を運転したとして、道交法違反容疑で現行犯逮捕されたのは、関東信越国税局水戸税務署事務官松本拓巳容疑者(22)です。

逮捕容疑は、9月8日午前5時35分ごろ、水戸市見和の県道で、酒気を帯びた状態で普通乗用車を運転した疑いがもたれています。

松本容疑者は水戸市見和の県道で右折をしようとした際に、前から直進してきたタクシーと衝突する物損事故を起こしたあと、停止せずに走り去り、約2分後におよそ1キロ離れた場所で、道路に面した駐車場に駐車していた車2台と店舗の外壁に衝突する物損事故を起こしたという。

タクシー運転手の男性(70)が松本容疑者を追いかけ、事故を起こしたのを発見して110番し、駆け付けた警察官が呼気検査したところ、基準値を上回るアルコールが検出されました。

スポンサーリンク


酒気帯び運転の動機は? 

松本容疑者は、警察の調べに対し容疑を認めているという。

酒気帯びの状態で車を運転した動機については、現段階で明らかになってはいません。警察は、いつ、どれくらいの酒を飲んだのかなど詳しい状況を調べています。

通報を受けて駆けつけた警察官が調べたところ、松本容疑者から基準を超えるアルコールが検出されたことから、直近までアルコールを摂取していたか、相当量を飲んでいたかでしょう。

スポンサーリンク


松本容疑者のプロフィール

●名前/松本拓巳
●年齢/22歳
●住所/水戸市石川
●職業/税務署事務官
●配属/関東信越国税局水戸税務署
●容疑/道交法違(酒気帯び)

松本容疑者の顔画像は、現段階でテレビニュースなどでは公開されていません。facebookなどの情報を調べていますが、本人のアカウントの特定には至っていません。

年齢から考えて、税務署事務官としてのキャリアはまだ浅いのでしょう。今回の事故では、人的被害が出なかったのは不幸中の幸いと言えるでしょう。厳罰や厳しい処分となるでしょうが、罪を受け入れて新たにやり直してもらいたいですね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする