動画公開 神戸市立東須磨小学校、教師が同僚を集団でいじめ。激辛カレーこすりつけなどの酷い実態や今後の処分、逮捕、実名公開などの情報まとめ

教育の現場でこんなことが起きていたなんて耳を疑う。
神戸市須磨区の市立東須磨小学校の20代男性教員が、昨年以降、同僚の先輩教員4人からいじめ行為を受けていた問題の詳細が、教育委員会の会見で明らかになりました。
同僚を集団でいじめていた実態や処分、逮捕などの情報をまとめてみました。

東須磨小で教師が集団いじめ

神戸市須磨区にある神戸市立東須磨小学校の20代の男性教諭は去年から今年にかけて、30~40代の同僚の教諭4人から日常的に「ハゲ、ボケ、カス」などの暴言を吐かれたりコピー用紙の芯で尻を叩かれるたりなどの暴行を受けていたという。

また、同僚の女性教員にLINEで性的なメッセージを送るよう強要されたほか、激辛カレーを身体にこすりつけられることもあったようです。

教育委員会に虚偽の報告か?

いじめは今年6月、別の教諭が気づいて発覚しました。

これに関して、東須磨小学校は「校長が加害側の教諭らを指導し解決した」と市教委に報告。事態は解決していたことになっていました。

ところが9月、男性教諭が精神的に不安定になり、学校を休み始めたことから家族が教育委員会に相談し、ニュースとなるまでに大きくなりました。他にも3人の20代の教員がいじめの被害を受けているということです。

次から次に、いじめをしていた教師たちの悪行が明らかになるでしょう。それを、見て見ぬ振り。先輩が後輩に対して、集団でいじめ行為を行っていた事実に、東須磨小学校の児童や保護者はどう思うんでしょうか。

酷いいじめの実態は?

・女性教員に対して性的な内容を含むメッセージを送信するよう強制する。

・携帯電話にいたずらし、ロックをかけて使えなくする。

・被害教員所有の車の上に乗る。車を蹴る。

・車内で故意に飲み物をこぼす。

・人格を否定するような呼称で呼び掛ける。

・拡大コピー用紙の芯でお尻を殴る。

・背中を肘でグリグリと押す。足を踏みつける。

・他の教員へのハラスメント行為として、人格を否定するような呼称で呼び掛ける行為

・女性教員へのセクハラ行為があった」

 ・激辛カレーを無理やり食べさせられ、体にカレーを付けられた
男性教師へのハラスメントの実態は、聞けば聞くほど酷く、恐ろしくなります。

さらに、他の教師へのハラスメントの実態も明らかになっています。

「男性教員のことをポンコツの意味で『ポンちゃん』と呼んでいた。女性教員へのセクハラは、被害者のプライバシーにも関わるので詳細は控えたい。セクハラは加害教員4人のうち、男性教員2人からあったことが分かっている」

加害教師たちの名前は?

いじめを実行していた教師についても会見で明かされました。

神戸市教育委員会によると、加害教師は東須磨小学校に勤務する30代の男性教諭3人と40代の女性教諭1人の合わせて4人。

その中には、担任を持っていた教師もいて、東須磨小学校の中心となる人物、リーダーとなるような教員だったという。

現段階では加害教師も被害を受けた教師についても、名前や顔画像は公開されていません。

組織の中で評価されることには長けていたが、教師として、人間として、判断能力が欠如していたのは明らかです。主犯格がいて、逆らえずにいた教師もいたかも知れませんが、やることやっていて、そんな言い訳は認められない。

加害教師たちの処分は?

東須磨小学校では、いじめを行っていた4人に有給休暇を取らせ、被害教師と合わせて5人が学校を休む異例の事態になりました。

教育委員会は臨時の教員を派遣する措置をとり、4人の行為をハラスメントと認定し、処分する方針で、刑事告発も検討しています。加害教師たちが東須磨小に復帰することはないと断言しています。

悪いことは悪いこととして、正す。
子どもたちが学ぶ教育の現場だからこそ、厳しい処分で善悪を子どもたちに教えてほしいですね。

尾木ママも怒り心頭

NHKニュースで知ったのですが、教育評論家の尾木直樹さんが吠えていました。

「いじめをなくそうと取り組むはずの学校現場で、複数で、若手の教師をいじめるなど、あってはならない。悪質どころか、犯罪行為で、教員免許を取り上げてもいいくらいだ」

「被害者が全くケアされていなかった可能性があり、同僚らがなぜ手を差し伸べなかったのか。校長から教育委員会への報告も的確になされず、管理体制も疑問だ」

学校に通う児童や保護者だけでなく、教育の現場への不安や不信わ招いた責任は大きいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする