エミリー・ザモールカ 顔画像、ホームレスがオペラ美声動画でサブウェイ・ソプラノの大反響。ロシアから渡米やバイオリンを壊された過去などの情報まとめ

カリフォルニア州ロサンゼルスの地下鉄の駅構内で、歌っている女性の動画が話題となっています。

歌っているのは、ホームレスのエミリー・ザモールカさん(52)さん。美しい歌声を披露して通勤客らを魅了しています。

バイオリンを壊された過去などの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク


美声動画、きっかけは警官

美声動画で話題となっているホームレスのエミリー・ザモールカさんは、動画の中で左手にレジ袋や紙袋を下げ、右手は所持品を詰めたカートの上に置いた姿で歌声を披露しています。

イタリアの作曲家プッチーニのオペラ曲「オ・ミオ・バッビーノ・カロ」を披露するザモールカさんの姿を見た警官がビデオで撮影し、ロサンゼルス警察がソーシャルメディアに掲載したことをきっかけに、「サブウェイ・ソプラノ」として有名になったという。

スポンサーリンク


イベントでオペラ披露

エミリー・ザモールカさんは、ロサンゼルス近郊で行われた支援者のイベントで歌声を披露しました。

先月末に地下鉄の駅で歌う姿がインターネットに投稿されて以降、支援の輪が広がってザモールカさんの人生は大きく変わり始めています。

地下鉄の駅で歌う時はステージに立っているような気持ちになるというザモールカさん。動画は9月26日以来、80万回あまり再生され、支援したいという申し出が相次いでいるという。

スポンサーリンク


ロシアから渡米の過去

CNNが伝えているところでは、ザモールカさんは24歳の時にロシアからアメリカに渡りました。

バイオリンとピアノの演奏を学んだ経験があり、ストリートパフォーマンスで生計を立てるようになったという。

3年前、男にバイオリンを壊され、手首にけがをして演奏ができなくなったため、家賃などが払えなくなってホームレスになり、駐車場に段ボールを敷いて寝泊まりしているという。

スポンサーリンク


支援は370万円以上に

ニュースでザモールカさんのことを知ったという男性は、クラウドファンディングサイトのGoFundMeを通じて寄付を募り、これまでに3万5000ドル(約370万円)以上が集まっています。

ロサンゼルス市議会のジョー・バスカイーノ議員はザモールカさんを支援すると表明。ロサンゼルスのリトルイタリーで5日に開かれるイベントに、ザモールカさんが出演することになったと発表しています。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする