ラグビー日本代表が世界ランキング6位に!どうやって決まっているか、報酬などの情報まとめ

2019年10月20日。
ついにこの日が来ました。
ラグビー ワールドカップ、日本代表、
史上初の準々決勝の舞台。
結果は、優勝を狙う南アフリカが強さを見せ、
日本代表のワールドカップ2019 は、ここで終わりました。

この試合直前は、世界ランキング6位で迎えた日本代表でしたが、残念です。

ランキングがどうやって決まっているのか、力を尽くした選手たちのどれくらいもらえるのかなど、この日の感想をまとめました。

スポンサーリンク


ランキング最高位の6位に!

サッカーとは違い、ラグビー の世界ランキングは、ワールドカップ期間中、試合が行われるたびに動いているような気がします。

本当か?

でも確かにそうなんです。
日本代表は、20日の試合直前の19日付で世界ランキング6位になっていました。

南アフリカに負けたため、ランキングは8位に落ちてしまいましたが、世界ランキングですから。だからどーした。

強豪国と言われるティア1ではない、ティア2の日本代表が8位というのは誇っていい位置だと思います。

スポンサーリンク


ランキングの仕組みは?

ラグビー のランキングは、世界のラグビー 統括団体のワールドラグビー が発表しています。

ランキングは、勝ったチームが負けたチームからポイントを奪う方式で決められていて、ワールドカップなどの国際大会以外にも、国の代表同士のテストマッチの戦績も反映させています。

いろいろな条件の中、細かい計算がされ変動するランキング。詳しいことが知りたい方は、わかりやすく紹介している記事がありましたので、そちらをご覧ください。

https://goto2019.com/rugby-world-ranking/?amp=1

スポンサーリンク


日本代表選手たちの報酬は?

元ラガーマンの橋下徹さんも吠えているように、日本代表選手たちの報酬は決して高くありません。

プレジデントオンラインによると、日本代表選手たちの日当は100ドル、約1万円だという。

ちなみに、前HCのエディージョーンズさんが率いるイングランド代表は、1試合当たり約350万円の報酬が得られるようです。

スポンサーリンク


なぜ、日本代表の報酬は低い?

もともとラグビーは、金銭や物品の授受を禁じたアマチュアのスポーツだった。しかし海外では1990年代前半からプロ化を進める国が増えはじめた。アマチュアリズム堅持を訴えた日本ラグビー界が、海外の潮流にあらがえきれずにプロ化に踏み切ったのは、2000年のこと。いまの日本代表には、会社員として働きながらプレーする選手と、チームとプロ契約を交わした選手が混在している。
引用 https://president.jp/articles/-/30390?page=2

アマチュア時代には、日本代表の試合は無報酬だったそうです。だから、試合でケガをしたくないと考えたのか、負けると分かっている海外の強豪相手に試合したくないと思ったのか、代表入りを辞退する選手や、代表に招集されると明らかにパフォーマンスを落とす選手がいたという。

日本代表は、日本のラグビーにかかわるすべての人の代表なんだ

そう意識を変えていく作業を、ドラマ出演で注目の廣瀬さんや五郎丸さん、リーチマイケルさんたちが行ったようです。

お金ではない、誰かのために全力で戦うというのは、まさしく日本代表が私たちに見せてくれたラグビー の精神に通じます。

スポンサーリンク


南アフリカ戦を終えて感想

前半を5-3で終えて、後半。
日本代表を応援する多くの人が、日本代表の巻き返しを期待し、信じていたでしょう。

渡辺謙さんも、
米津玄師さんも、、
松任谷由美さんも、、、
私も、もちろんそうでした。

でも、南アフリカの選手の動きは、キックオフからずーーーーーっと変わらず早かった。

日本がしたかった、早い飛び出しなどを南アフリカがやり続けました。

準々決勝で、ギアを上げた南アフリカには、前回大会で見せた隙はなかった。

それでも、最後の最後まで力の限り、楕円の球を追いかけ続けた日本代表選手たちの姿に、テレビの前で涙が出て仕方がなかったです。

悔しさはありましたが、こんなにもラグビー を楽しませてくれた日本代表の選手、スタッフの皆さんに、感謝しか思いつきませんでした。

正直なところ、昨晩は眠りに付けず、月曜の朝から、日本代表ロスです。

テレビが伝える南アフリカ戦の振り返りを見れば、まだ涙が出ます。

こんなにもラグビー を好きにしてくれて、ありがとうございました。これからもずっと応援していきます。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする