きらぼし銀行、行員が現金3億7500万円を着服して失踪。顔画像や手口を調査。

呆れてモノも言えない。
顧客だったら、そんな気持ちに
なるんじゃないでしょうか。
銀行の驚く事件を調査します。

スポンサーリンク


きらぼし銀行、行員が3億7,500万円着服

きらぼし銀行は9日、男性行員(36)が
顧客から預かった現金約3億7500万円を
着服した疑いがあるとして、8日付で
懲戒解雇処分にしたと発表しました。
元行員は失踪しており、同行は警視庁に
相談しているという。

着服をした元行員の名前や顔画像は
公開されていません。
失踪していることによる配慮かもしれません
が、早いところ見つけ出してあげたほうが
本人のためにもいいのかもしれません。

スポンサーリンク


着服の手口と発覚は至ってシンプル

同行によると、男性行員は東京都練馬区の
石神井支店で営業担当だった2016年5月
から18年5月にかけ、「定期預金の作成」
を名目に顧客の普通預金から現金を払い出して
着服した疑いが持たれています。

顧客には偽造した定期預金証書を渡していました。
被害は法人2社、個人4人で確認されています。

今月2日、顧客から定期預金を解約したい
という連絡があり、発覚しました。

営業担当が2年間でこんなに着服をしていても
顧客からの解約申し入れがあるまでわからない
という銀行の資金管理はどうなっているのか、
そっちのほうも気になります。

スポンサーリンク


それはそうと、「きらぼし銀行」とは?

実在する銀行なの?
と疑ってしまいましたが、実在する銀行です。
ウィキペディアによると、

株式会社きらぼし銀行は、東京都港区に本店を置く地方銀行。
八千代銀行を存続行とした東京都民銀行・新銀行東京の
3行合併により誕生した。

信用組合として誕生し、信用金庫を経て、信用金庫・信用組合等
との合併を繰り返して規模を拡大し、1991年(平成3年)に
普通銀行(第二地方銀行)に転換した。
現在では資金量2兆円に迫る規模となっている。
信用金庫からの転換は、現在のところ同行が唯一である。
2007年(平成19年)に東証一部に上場した。

昨今の銀行は、合併と統合を繰り返すので、
結局どこなの?????
そんな風にしか感じられません。
着服した元行員も自分はどこの銀行員なのか、
もはやわからなくなっていたんじゃないでしょうか。
フワッとした、そこにツケこんだのかもしれませんね。

スポンサーリンク


世間の反応はどうでしょう

きらぼし銀行は
「信頼回復に向けて全行を挙げて取り組んでいく」
とのコメントを出していますが、世間はどう見るか。
Yahoo!ニュースのコメントから検証してみましょう。

きらぼし銀行って、ついこの間、都民銀行が合併して出来た銀行だよね。
この行員の出身以外の銀行はとんでもないところと合併しちゃったね。

上手いことやったな〜。
今頃は海外で人生を謳歌しているんじゃない?
保証人は自己破産の上、生活保護になるだろうけど。

銀行員だけどこんな銀行しらない笑
第一地銀第二地銀?信金?笑

タイやラオスだったら死ぬまで酒池肉林できるな!w
確か宮沢りえ主演の『紙の月』で同じような話あったな。
男女逆だったけど。

どこの銀行も「大リストラ」の
時代が来るって噂を聞いたことがある

その前に人生はヤったモン勝ちってか(笑
宝くじ当選者もそうだけど
若くして多額のカネを持つヤシらが
うらやましい

八千代銀だった支店だね。
合併で監視の目がゆるんだスキを突いたなー(>_<)

石神井支店ってことは元八千代の奴だな。
とんでもねーな。
元信金だけあって検査甘いみたいだしな。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする