サッカー日本代表 監督は森保一(ポイチ)が最有力か。クリンスマンは破断?20日に決定か?

W杯ロシア大会も残すところ、
3位決定戦、そして決勝戦となった14日、
スポーツ紙が日本代表次期監督について
報じています。

スポンサーリンク


ドイツ元監督のクリンスマン氏、交渉破断?

熱い盛り上がりを見せたサッカーW杯
ロシア大会での日本代表の活躍は、
サッカーファンに感動と希望を残して
くれています。

今回、日本代表を率いた西野朗監督は
契約通り、7月末での退任を表明しています。
これだけの盛り上がりを見せてくれている
日本代表の監督人事に多くのファンが
注目している中、次期監督候補として
最有力と思われていた元ドイツ代表監督の
クリンスマン氏との下交渉が破談になった
とスポーツ紙が報じました。

個人的には、ロシア大会前の監督交代波乱
から引き続き日本人監督を期待しているので、
この報道はウェルカム!
勝手に次期監督を予想しちゃいます。

スポンサーリンク


W杯優勝は自国籍監督というジンクス

DIAMOND onlineによると、
過去20回のワールドカップ優勝国で、
外国人監督に率いられたチームはない、という。

今回決勝を戦うフランスとクロアチアもそう。
厳格な性格とカリスマ性でフランスを束ねる
ディディエ・デシャン監督は、フランスが悲願の
初優勝を果たした1998年の自国開催大会で主将
を務めたレジェンド。

代表でプレーした経験こそないものの、
クロアチアのズラトコ・ダリッチ監督の国籍も
クロアチアです。

つまり、今回どちらが勝ったとしても、
自国人の監督に率いられるチームが頂点に立つ
ジンクスは継続されることになります。

ちなみに、史上最弱の開催国と揶揄されていた
ロシアのスタニスラフ・チェルチェソフ監督。
スキンヘッドに口ひげが印象的な54歳の指揮官は、
決勝トーナメントで前々回優勝国のスペインに
勝利するなどロシアを大躍進させました。
現役時代はロシア代表の守護神として2度のW杯に
出場しています。

W杯優勝を掲げるのであれば、日本代表監督は、
日本人じゃないとダメなんです。

スポンサーリンク


本音は西野監督の継続、、、

サッカーファンの多くの人が感じていると
思いますが、やっぱり西野監督が、いい。

ハリルホジッチ監督から引き継いだ代表監督
というバトンを自分が勝てる戦略で、
しっかりと結果を残してくれました。
西野監督もその緻密かつ大胆な戦い方は、
今の日本代表がどうすれば結果を残せるかを
しっかりと捉えていたと私は感じています。

技術委員長として、ハリルジャパンを
支えていたのは、実はここまでのストーリー
を考えていたのかもしれない、とまで考えて
しまいます。

西野監督、本当にこれで退任ですか?

スポンサーリンク


五輪代表の森保監督の兼任が最有力!

西野監督が退任するなら、、、
森保五輪代表監督をA代表監督に推したい。

ただ、森保監督誕生には、ハードルが
ありそうなんです。

五輪代表監督との兼任、となるからです。
過去には、フィリップ・トルシエさんが
A代表、五輪代表、U-20代表の監督を兼任
したことがあります。

準優勝したワールドユース選手権(U-20)
の主力をシドニー五輪代表へ、、、
さらに2002年のワールドカップ日韓大会代表
へ引き上げ、初めてベスト16に進出した実績が
残されています。

ただこれは開催国として日本がW杯予選を
免除されていた点を抜きには語れません。

スポンサーリンク


昨秋に五輪代表監督に就任した森保監督は、
東京五輪世代を幅広い視点でチェックしながら、
可能性のある選手たちをじっくりと見極めている
最中にあります。

自国開催の五輪なので、日本はアジア予選を戦う
必要はありじゃせん。その分、真剣勝負の経験は
明らかに少なくなります。

そこで、強化のため国際Aマッチデーを利用して、
海外遠征などを行う強化プランを描いていますが、
A代表の監督を兼任すれば状況は180度変わって
しまい、A代表の活動は実質的に国際Aマッチデー
に限定され、これまでの経緯を踏まえれば、
来年中には次回カタール大会出場をかけたアジア
予選がスタートしますので、2つの代表チームの
指導を両立させることは、物理的にほぼ不可能。

何より責任感の強い森保監督の性格を踏まえれば、
半年あまりとはいえ、一度は船出させた五輪代表
監督から降り、A代表監督に専念する、、、
ということは考えにくいという近しい人の見解も
聞こえてきます。

さあ、どうなるのでしょう。
広島に住み、広島を愛する森保監督が、
日本代表監督となれば、豪雨災害に見舞われた
広島にもうれしいニュースとなりますが、
監督人事は7月20日にも発表されるもようです。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする