中川俊直、浪人中の前衆議院議員が同僚美人議員にストーカーメールか?「進次郎狂い」発言も

三世議員として確固たる地盤を持ち
経済大臣政務官も務めた自民党の
ホープだった議員にストーカー疑惑
が文春で報じられました。

スポンサーリンク


中川俊直氏のストーカー疑惑とは

文春によると中川氏は、西日本豪雨の
被災地を精力的に視察し、その様子を
facebookで発信し、猛アピールを
続けています。

郷土愛に溢れる政治家ですが、裏では
独身美人元議員へのストーカー行為が
明らかにされています。

その相手は、かつての同僚であった
前川恵前衆議院議員(42)で、〈死ね〉
〈バカ野郎〉〈くたばれ〉といった
嫌がらせメールを現在も大量に送り続け、
そのストレスから前川氏は体調不良に
陥っているという。神経性胃腸炎や
心因性の手のしびれも起きているという。

これって、傷害罪ですよね。

スポンサーリンク


中川氏が送ったメール内容とは

文春には中川氏が前川氏に送ったと
されるメールの内容が掲載されています。

バカ野郎。くたばれよ。本当に、死ね

シカトするな!ナマイキだ
〈2015年11月ごろ〉

侮辱するな

こんなバカみたことない

謝り方を知らない

2016年10月2日。
小泉進次郎議員も参加していた
「コメ・米粉レシピコンテスト」に
出席した前後には、、、

死ねよ!死ね。
進次郎狂いのきちがい。
明日も進次郎の為に司会やれ!
死ねよ!
バカ
(10月1日)

進次郎、進次郎、進次郎、進次郎、、、、
くたばれ。
進次郎狂いのきちがい。
死ね。
お前も進次郎も何のために
政治家になったんだろう?
(10月2日)

進次郎優先で、俺に会議のぞくといって
平気で来ない。
きちがい。
バカ
(10月13日)

小泉進次郎議員もいい迷惑ですが、
嫉妬の炎は抑えきれず、翌月ついに、
中川氏が前川氏にケガを負わせる事態に。
その翌日のメールが、

進次郎に狂ってて、あいつのために
生きていくようなきちがい、もう結構です。
頭、打たせてすみませんでした
(11月5日)

見かねた前川氏の事務所スタッフが、
中川氏の秘書に申し入れをすると、

結局、腹が立てば、秘書にメッセージが
しつこいとか、自分から話してるんだな。
そして、秘書に命令して俺の事務所に
連絡させるという、あんないかれた行為に
でるんだな
(2017年11月22日)

この年の3月に深夜の密会をフライデー
された2人ですが、前川氏はずっとメール
ストーキングを受けていたことになります。

スポンサーリンク


中川俊直氏の愛人スキャンダルとは

中川氏は、祖父・俊思氏、父・秀直氏に
続く三世議員。広島四区の地盤を引き継ぎ、
2012年に初当選した悪名高き119人の
安倍チルドレンの一人でした。

昨年4月、愛人とハワイで
「重婚ウェディング」を挙げたことが
週刊新潮で報じられ、その愛人とのトラブル
は警察沙汰となり、ストーカー登録される
ことにまで及んでいます。

昨年10月の衆議院選では自民党の公認を
受けられず、出馬を断念。
謝罪会見を行い、
愚か者がどういうふうに這い上がっていくかが、
人間の真価が問われる部分。
猛省して成長したい

と国政復帰への意欲を示していました。

地盤は硬いとは言え、政治家として
どうなんでしょうか。
選ぶのは有権者ですが、被災地を応援する
一方で、非人間的な行為を行っていること
をどのように判断するのでしょうか。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする