日大 アメフト部の宮川泰介選手、実名で会見。その姿に武井壮、北別府学など投稿続々。日大、関学の反応は?

会見を見ていて、涙が出てしまいました。
会見に挑む青年の気持ちを思うと、
いたたまれなかった。
アメリカンフットボールの悪質タックル問題で、
関西学院大学の選手にけがをさせた日本大学の
宮川泰介選手が、実名で記者会見を開き、
タックルは、内田監督・井上コーチの指示だった
との説明を行いました。




宮川泰介選手、内田監督と井上コーチの指示を明言

日本大学の宮川泰介選手は、
「本当に申し訳ありませんでした」と謝罪し、
「わたしは監督に対して、直接『相手のQBを
つぶしに行くんで、使ってください』と伝えました。
監督からは、『やらなきゃ意味ないよ』
と言われました」と会見で語りました。

会見で日大の宮川選手本人が、問題のプレーに至った
経緯を説明しました。

「井上コーチから、『監督にお前をどうしたら
試合に出せるか聞いたら、相手のQBを、
1プレー目でつぶせば出してやる』と言われた。

『QBをつぶしに行くんで、僕を使ってください
と、監督に言いに行け』と言われました」、

そもそもの指示は、内田監督の指示?

「僕はそう認識してました」
「監督からは、『周りに聞かれたら、
俺がやらせたんだと言え』という話がありました」
などと噛みしめるように語りました。




日大と関学が会見を受けてコメント

宮川選手の会見を受けた形で、日本大学は
コメントを発表しました。

「“1プレー目でQBをつぶせ”という言葉が
あったということは、事実です。
ただ、これは本学フットボール部において、
ゲーム前によく使う言葉で、“最初のプレー
から思い切って当たれ”という意味です。
誤解を招いたとすれば、言葉足らずであった
と心苦しく思います」と説明し、あくまでも
これまでと一貫して、指導者と選手の理解
の乖離があったと繰り返しています。

一方、関西学院大学の鳥内監督は、
「非常に具体的だったので、真実を語って
くれたと感じている。
行為そのものは許されることではないが、
勇気を出して真実を語ってくれたことには、
敬意を表したい」とコメントしている。

鳥内監督の目に、涙が滲んでいるように
私には見えました。

また、けがをした部員の父親の奥野さんは、
「監督やコーチが、最初から自分の息子を
けがさせようとしていた。
絶対に許されない。
今回の会見を見て、刑事告訴も検討せざる
を得ない状況だ」と、憤りをあらわにしました。




記者会見は日本大学で開催?

連日、ニュースやワイドショーなどで
取り上げられているだけに、メディアの
関心は高く、358人の報道陣が詰めかけた
そうです。

この人数は、先日開催されたサッカー日本代表
監督だったハリルホジッチさんの332人を
上回ったほど。

この会見、日本大学で行われたのではなく、
日本記者クラブで開催されました。

日本記者クラブは、会見に弁護士などの同席を
認めていないそうですが、宮川選手が学生であり、
相手選手側から警察に被害届が提出されている
ことなどを理由に、特例として今回は弁護士の
同席をみとめたそうです。

私が驚いたのは、名前も顔も隠すことなく
自分の言葉で一つ一つの質問に答えていたこと。

「被害者に謝罪するのが会見の目的。
顔を出さない謝罪はない」
同席した弁護士はそう説明し、実名報道と
顔の撮影を認める旨、メディアに伝えました。

この会見は、スポーツマンシップに則った
潔い会見だったという印象を受けました。

会見を開く決断をした、宮川選手の勇気
を私も讃えたいと思います。

宮川選手はまだ20歳の青年です。
1度の失敗で、人生がダメになるなんて、
そんなバカな世の中じゃいけないと
思うんです。

今は、自分がおかしてしまった罪の重さ
と向い合って、その後は強い人生を歩んで
もらいたいですね。




スポーツ界や芸能界からのコメントを紹介

元カープの200勝投手、北別府学さんは、

同じスポーツ界にいて、どうしても
書きたいことがあります。

少し長文になります。

スポーツには厳しいルールがあり、
それを守らないと命に関わることがあるのです。

そう言って、今回の事件について言及しました。

https://ameblo.jp/manabu-kitabeppu/entry-12377806214.html

その他にもたくさんの投稿がありましたので、
今回の事件、宮川選手の会見、、、、、、
どう考えればいいか参考にしていただければ
うれしく思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする