イトウ・ジョセフィン・ラメダさん、埼玉県川口市でフィリピン国籍女性がひき逃げでなくなる。

ひき逃げとみられる事故でフィリピン国籍
の女性が亡くなりました。

スポンサーリンク


イトウ・ジョセフィン・ラメダさんの事故とは

TBS NEWSによると28日未明、埼玉県
川口市の路上でフィリピン国籍の女性が
倒れているのが見つかり、その後死亡。
警察はひき逃げ事件として捜査しています。

午前2時半ごろ、川口市東本郷の市道で
「女性が自転車とともに倒れている」と
119番通報があり、消防などが
駆けつけたところ、フィリピン国籍で
飲食店従業員のイトウ・ジョセフィン・
ラメダさん(56)が頭などから血を流して
倒れているのが見つかり、病院に運ばれた
ものの死亡しました。

スポンサーリンク


ひき逃げ死亡事故か?

現場に残されていたイトウさんが乗っていた
とみられる自転車には何かにぶつかった跡が
あり、警察はイトウさんがひき逃げされたと
みて調べています。

自転車の後ろの部分が壊れていることから、
車に後ろから追突された疑いが大きいという。
警察が自転車を調べています。
自転車についた塗料などから事故車を特定、
周辺の防犯カメラ映像などと照合していくのでしょう。

飲食店勤務のラメダさんは、仕事を終え、
帰宅の途中だったのでしょうね。
ご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク


事故現場を調査

事故は、川口市東本郷の市道で発生しました。
ニュース映像から現場を特定しました。
生そば余一の側が事故現場のようです。

マップではこちら

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする