田中嘉明、埼玉県の小学校教頭が飲酒ひき逃げ死亡事故で逮捕。顔画像や事故の経緯を調査。

あり得ない事件が起きました。
敢えて、「事件」という表現にします。
小学校の教頭が、飲酒運転でひき逃げ、
死亡事故を起こしました。

スポンサーリンク


【顔画像】田中嘉明容疑者の逮捕容疑は?

逮捕されたのは、埼玉県川口市の
本町小学校の教頭・田中嘉明容疑者(54)。

田中容疑者は、7月28日午前2時ごろ、
川口市の路上で56歳の女性を車ではねて
死亡させたうえ、救護せずに逃走した疑い
が持たれています。

事故の詳細はコチラ

スポンサーリンク


田中容疑者の当日の状況が判明

田中容疑者が事件前日の午後6時半ごろから
校長らと酒を飲み、午後10時すぎに帰宅する際
「バスに乗って帰ります」
と話していたことが分かりました。

田中容疑者は飲酒運転をしていたことを認めていて、
警察は、田中容疑者が校長らと別れてから事故を
起こすまでの約4時間の行動についても詳しく
調べています。

午後6時半から10時まで気持ちよく飲んで、
明けて午前2時ごろに事故を起こしています。
その間もハシゴで飲んだんでしょうか。
呆れて、怒り心頭です。

スポンサーリンク


田中容疑者のプロフィール

●名前/田中嘉明
●年齢/54歳
●住所/埼玉県草加市長栄1
●勤務/埼玉県川口市立本町小学校 教頭

●赴任/2015年4月
●勤務態度/まじめで部下の信頼も厚かった

事件前日、学校近くの中華料理店などで
校長らと数人で酒を飲み、その後、飲酒運転で
ひき逃げ死亡事故を起こしました。

スポンサーリンク


世間の反応を調査

世間の声は当然、厳しいですね。
Yahoo!ニュースのコメントを調査します。

小学校の教頭先生が???信じられない、

飲酒運転が厳罰化されないためか、悲劇が
繰り返されるのだけど、どうもおかしいわね。

飲酒運転の結果を学ばない人間が教頭なんて要職に着いていたのか。
懲戒免職や退職金無しなどの社会的制裁は免れないし、この過ちを反面教師として学ぼう。

飲酒運転は、それ自体が殺人未遂に直結するという意識を持つ必要がある。
それと同時に人をひいて逃げるのは言語道断。
絶対に許してはいけない。

学校でナニを教えてきたんだよ、このバカ教頭は…?
今まで子どもが交通事故で亡くなるニュースを散々見てきて
何も思うところがなかったのね、としか思えないな…

飲酒運転は絶対に許されません。
それを教える立場の教員の犯罪に、
世間の声も当然、厳しく批判的になります。
田中容疑者が教頭を務める学校の児童や
保護者には責任はありませんので、
学校側は校長を中心として、謝罪と説明、
今後の学校のやり方を改めて示さないと
いけないでしょうね。

飲んだら乗るな。
万が一、事故を起こしたらその場で即対応。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする