三谷幸一郎(みたにこういちろう)、高知県大豊(おおとよ)町議が被災地倉敷市真備町の避難所でトラブル。顔画像やfacebookを調査。

一体、なんで被災地に行こうとしたんでしょう。
西日本豪雨で甚大な被害を受けた岡山県倉敷市
真備町で、ボランティアに訪れた高知県大豊町
の町議が、酒を飲んで避難所の小学校に宿泊を
迫るなどし、トラブルになっていたことが
わかりました。

スポンサーリンク


三谷幸一郎町議の非常識な行動とは

大豊町などによるとトラブルを起こしたのは、
三谷幸一郎町議(65)です。


〈本人と思われるfacebookから引用〉

三谷議員は、7月18日夕、倉敷市立薗小学校の
避難所で、一緒にボランティアに来た大豊町の
男性ら4人の宿泊を要望し、女性の校長から
「被災者しか泊められない」と断られました。

その後、三谷議員は持参したビールを近くで飲み、
しばらくして学校に戻り、宿泊を再び要望。
1時間ほど押し問答になり、被災していない民家
など別の宿泊先を紹介するよう要望。最終的に
校舎の廊下で寝ることになったという。
さらに、自衛隊が設営した仮設の風呂にも入浴した
という。

非常識極まりない行動に、被災者のみならず、
国民が怒りをあらわにしています。

スポンサーリンク


三谷議員は何しに真備町へ?

三谷議員らは7月18日から薗小学校区などで
ボランティア活動をしていました。
その様子はfacebookにも公開されています。

1週間前にも真備町を訪問し、その際は被災者の厚意
で避難所に宿泊したといい、
「今回も泊めてもらえると思った。
馬鹿なことをしてしまったと反省している」

と話しているようです。

三谷町議の行動について、大豊町の佐藤徳治議長と
岩崎憲郎町長らは7月26日に倉敷市側に謝罪しました。

被災地を支援しようという行動力は、被災地のためではなく
自分自身のためにやったのではないかと思われても、
もう、仕方がないですね。

三谷議員は、辞職を検討しているようです。

スポンサーリンク


世間の反応を見てみましょう

今回騒動を起こした三谷町議は地元の郵便局長を経て、
2011年に初当選し、現在2期目です。
65歳の年齢にもかかわらず、分別にない行動を
世間はどのように見ているのでしょう。
Yahoo!ニュースのコメントから調査します。

何様ですか

何しにいったのかな?
売名か。

自分の地元だって高速道が被害を受けたり被災者もいたじゃないすか。
ボランティアの行動規範も知らないで行ったんですか。
断られたら酒飲んで気が大きくなってまた頼みに行ったんですか。

他の記事だと「辞職を検討している」ってあったんですが、
検討しなくていいので、今すぐ辞職してください。

ボランティアとしても町議としても、
何より人としてダメな人の典型。

大方名を売って、次の選挙に結びつけようと
考えたんだろうけど、違う意味で有名になった

本当に災害ボランティアかな。
親戚や知人の家を個人的に片づけているだけではないだろうか。

ボランティアで来て手伝っていただくのは、ありがたいし暑い中、とても感謝します

ただ、泊まる所などは事前に真備より離れた場所を用意して泊まるなど、
事前に計画する配慮があってもよいのでは?
皆んな負担や迷惑かからないよう最小限の配慮をして、
ボランティアに来ていただいているのだから、、、

人の優しさが強さに変わるはずなのに、
悲しくさせる行動に極めて強い非難の声が出ています。

スポンサーリンク


8月1日追記 【速報】三谷町議が辞職

西日本豪雨被災地の岡山県倉敷市真備町にボランティアで訪れた際、酒を飲んで避難所の小学校に宿泊を迫るトラブルを起こした高知県大豊町の三谷幸一郎町議(65)が、町議会議長に辞意を伝えていたことが1日、わかった。

1日開かれた町議会全員協議会で佐藤徳治議長は、三谷氏が妻を通じた電話で「迷惑をかけた上、精神的にも参っている。議員辞職したい」と伝えてきたと説明。協議会後に「議員としてあるまじき言動。被災地の皆様にも多大なご迷惑をかけてしまった」と話し、慰留はせず辞職願が提出され次第、受理する方針を示した。
引用:朝日新聞デジタル

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする