小林麻耶、セント・フォースの契約終了で事実上の芸能界引退か?11月発売の著書「しなくていいがまん」も書き直し。

先日、喜びの発表があったばかりなのに
驚きのニュースが飛び込んできました。
フリーアナウンサーの小林麻耶さんが
事実上、芸能界を引退すると自身の
ブログで発表しました。

スポンサーリンク


小林麻耶の決意とは?

小林さんは3日午後7時すぎにブログを更新し、
「私、小林麻耶は8月3日をもって所属事務所
との契約が終了します。今後は、大好きな
メディアの仕事を離れ、全身全霊、家族のために
日々たくさん働きたいと思います」
と書き込みました。

明るいキャラの一生懸命な小林さんが
もう見られないと思うと淋しいですね。

スポンサーリンク


所属事務所も容認

所属事務所のセント・フォースも
久保地美晴社長名の書面で契約終了を報告。
「この度、弊社は小林麻耶さんとのマネジメント
契約を本日8月3日をもちまして終了することに
なりました。弊社といたしましても誠に残念では
ありますが、本人の意思を尊重し、ここにご報告
させていただきます」
と麻耶の芸能界引退を発表し、

「今まで本人を支えてくださった関係者の皆様、
ファンの皆様に心より御礼申し上げます。
メディアの仕事からは離れることになりますが、
これからも一人の女性としての小林麻耶を
どうぞ温かく見守って頂けたら幸いです」
と引退する麻耶を思いやりました。

スポンサーリンク


11月発売の自著へも影響

小林さんは結婚について7月27日にブログで発表。
歌舞伎俳優・市川海老蔵(40)の妻で妹の小林麻央
さんが昨年6月に乳がん闘病の末、34歳で他界。
悲しみを乗り越えての電撃ゴールインに
結婚はしないと思っていた私がまさかの結婚を
することになったミラクル。妹がいなくなり、
あまりにも私が悲しみ続けていたので天国で
みかねた妹からの最高のプレゼントだと感じています
とつづっていました。

11月に出版予定の著書がほとんど出来上がっていた
ものの結婚、事務所退所と予想外のことが続いたため、
改稿しているそうで、出版社にも謝罪しました。

「2018年11月11日に著書『しなくていいがまん』
が発売される予定です」
「すべて書き終わっていたのですが...
まさか、結婚するとは...まさか、退所するとは...
全く想像もしていなかったことが起きたので今、
書き直しをしている最中です」とつづり、
「出版社のサンマークさんこの場を借りてお詫び申し上げます」
と謝罪しました。

気配りの小林麻耶さんらしいですね。
自著が発売される際には、また小林麻耶さんの
笑顔に出会いたいですね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする